「もしかすれば私は命を狙われかねない・・・」
 と言えば少し大げさに思われるかもしれませんが・・・


 このビジネスにおいては世間へ大っぴらに広めてしまえば
 特定の専門家達から恨みを買い敵を作ってしまうかもしれません。


 私は安全の為このビジネスを少数の・・・
 150名ほどの方にのみ伝える事ができればと考え
 それなりの覚悟を持ってこの手紙を公開する事に踏み切りました。


 ので、現状の生活に十分満足している方や
 ある程度の資産を所有している方はこれ以上は目を通さないで下さい。


 最初に、あなたはビジネスに対して無駄に労力を使っていませんか ?


 ビジネス参入者が多く競合や飽和だらけの市場、
 市場に対するニーズが低く、現金の巡りの悪い市場、
 そんな市場ではどんなに時間や労力を費やしていったとしても
 全て無駄な労力に終わってしまう可能性が高いという事です。



 情報起業、アフィリエイト、ドロップシッピング、
 更にはオークションサイトやポイントサイト、ぜどり
 こういったネットビジネス市場は既に参入者が爆発的に増加し、
 完全に飽和状態にあるというのが現状ではないでしょうか ?


 とは言え現在のインターネットビジネスの業界は
 実際のところ多くのビジネス市場がそのような状況にあると思います。


 そういった誰もが簡単に参入出来てしまうビジネスは
 当然のごとく即座に激しい競合が生まれてしまうのです。



 そしてそういった市場で飛び抜けた業績を上げられるような人は
 人以上のスキルや能力を持っているごく一部の人に過ぎず、
 数多くのネットユーザーがそういったビジネスで挫折を味わっています。


 ただもしも誰もが簡単に参入出来ないような市場があり、
 そこへ独占的に参加出来る独自ルートを知る事が出来たなら
 あなたはそのビジネスに少なからず期待を抱く事は出来ないでしょうか。


 更にその独占市場が膨大な資金源が眠る巨額市場だとしたなら、
 まさにそのビジネスは参入者のみの入れ食い状態になると思います。


 これよりこの手紙でご案内させていただくビジネスプログラムは
 まさにそんな市場へと独占的に参入出来てしまう
 既存のありふれたビジネスモデルなどとは全く無関係な
 他に類を見ない完全なオリジナルプログラムとなっているのです。



 勿論、今の段階においては
 そのような市場があるのかという点さえ疑わしい事でしょう。


 しかしその市場は数年前に行われたばかりの法律改正により、
 晴れて合法的に参入していく事が可能となった
 ある専門家達のみが独占的に参入している特殊な市場なのです。


 そしてそのビジネスモデルにおいても

 世間一般的には今もほぼ知られていないに等しい
 ある巨額な資金源を対象とした収益体系となっているのです。







 申し遅れました。


 私はこのビジネスプログラムをご紹介させて頂く 
 大西敬介 と申します。


 文頭でも申し上げた通りこのプログラムの対象としている市場は
 本来はある専門スキルを持つ専門家のみが参入している
 極めて特殊な独占市場であることから、

 万が一このプログラムの存在が世間に広まってしまった場合、
 私はその専門家達を完全に怒らせてしまう事になると思います。


 勿論このプログラムをこのような形で公開する事自体が
 何かの法律に触れているというわけではありませんので
 私もそれなりにある程度の事は覚悟しています。


 しかし実際のところこのプログラムが公開されるによって
 現状の収入が3分の2・・・
 強いては2分の1になる専門家達が出てくる可能性も否めません。


 それだけこのプログラムが対象としている市場は
 特定の専門家のみが巨額の収入を独占している状況にあるのです。


 その市場規模は数年前から悠に7000億円を超えていると言われ
 そんな市場をほんの少数の専門家が牛耳っていたのですから
 彼等の莫大な収入は想像を絶する金額になっていると思います。


 数年前の法律改正以降その専門家達はこの市場を牛耳り、
 改正された法律を盾にある資金源の搾取をし続けてきたのです。



 ただ今回のプログラムの公開を持って
 現段階における彼等の独占市場は徐々に変化を遂げるでしょう。


 このプログラムはそんな彼等の収入に乗っかる形で
 その一部を合法的に搾取していくというものであり、

 彼等からしてみればこのプログラムの存在そのものが
 まさに自分達の利益を脅かす輩でしかない事でしょう。


 そういった観点で言えばこのプログラムは
 誰に迷惑をかけるものでもないとは言えません。


 しかし世のビジネスは常に競争と奪い合いで成り立っていますし
 お金を稼ぐという事自体が既に資本の奪い合いである事も否めません。


 ただ決して勘違いして欲しくない点として、
 このプログラムによって搾取していくお金は
 あくまでも特定の専門家達が年間何千万単位の収入を搾取している
 その収益の何百万円かを合法的に得ていくというものであって、
 決して誰かを不幸にするようなものではございません。



 無き者から奪うというのでは無く、
 持つべき者から持ちすぎている分を頂いていくというものなのです。



 少なくとも私はそこに抵抗を覚える必要などは一切無いという
 確固たる自負を持っている事は間違いありません。







 従ってこのプログラムの対象となる市場は
 国内でもごく少数のある専門家達のみが参入していた
 世間的にはその存在さえも知られていない市場である事から、
 あなたが一般的な「ビジネス」として認識している
 ありとあらゆるビジネスモデルなどは根本的に無関係なものとなっています。



 そしてそのビジネス体系においても
 このビジネスはある巨額資金の流れのみを対象に
 そこに乗っかる形で一方的な搾取金を引き出していくものである事から、

 第3者を何かに対して集客していくような要素や
 そこに何かを売ったり紹介したりという行程も一切関与致しません。


 つまり物販や情報販売はおろかポイントサイトやクリック課金広告、
 ペニオク等を含めるオークションやアフィリエイトなどに至るまで、
 第3者のアクションがあってのビジネスは一切無関係となっているのです。


 故に集客などに関係する行程なども無関係であることから
 ブログやメルマガなどを利用することも全くございません。


 少なくともこのプログラムが体系化しているビジネスモデルに関しては
 あなたが知る由も無いビジネスであると断言出来ます。


 そしてその市場における巨額資金においても
 このビジネスはギャンブルや投資関係などともかけ離れた
 国内有数の巨額市場を対象にしたものであり、
 アダルト的な要素なども一切無関係なビジネス体系となっています。



 ただ一般的には参入さえ出来ないような
 そのビジネス市場への参入を実現してしまうこのプログラムにおいては
 冒頭でもお伝えしましたが
 必然的にその利用者をある程度制限する必要があり、
 決して幾らでもそれを公開していけるというものではございません。



 そしてその制限数こそが文頭でもご案内させて頂いた
 150名というこのプログラムそのものの限定公開数なのです。


 とは言え7000億円という巨額資金を対象にするのですから
 実際のところはそれ以上の公開も決して難しいものではございません。


 しかしこのようなプログラムが知れ渡っていくとなれば
 その二次的、三次的な市場変動も考慮する必要もあります。


 そこでこちら側で何とでもコントロールが可能な提供数という点から
 その公開数は150名限定という形にさせて頂く事とさせて頂きました。



 つまりこのプログラムは
 今後においてもその成果と実益を維持出来るであろう事を前提に
 150名の方へのみ限定提供させて頂くものとなっているのです。







 ただ先ほどもお伝えしたようにこのビジネスモデルは
 数年前に行われたある法改正によって初めて可能となったものであり、
 その法律改正が実施される以前までの段階では
 その巨額資金の搾取行為自体が違法性までは問われないものの
 かなりグレーな行為であると認識されていました。



 ましてそれを生業としてビジネス展開していく事など
 まともな企業や一般人が行うような行為では無かったのです。


 しかしその法律改正によってその搾取行為には
 経済的な観点においても大きな意義が生じる事となり、

 晴れてその行為が合法的なものになった事から、
 実際にそれを事業的に展開していく参入者が現れ始めたのでした。


 その際にこぞってこの行為を事業化していったのが
 そこに密接する事業を営んでいた業者や専門家達だったというわけです。


 ただその法律改正に伴う事業化と同時に進んでいったのが
 インターネットの大普及に伴うある業界のオンライン化でした。



 それがこのビジネス市場にも非常に大きな影響をもたらしていたのです。


 というのも本来その巨額市場を収益化していくには
 その資金源を牛耳っている某機関に対して特別な手続きが必要であり、
 その手続きが極めて特別なものとなっていた事から
 この市場は必然的にそれを行える専門家達が牛耳る体系となっていました。


 しかし私はあるきっかけからその専門的な手続きが
 インターネットの普及に伴うある業界のオンライン化によって
 ウェブ上から行う事が可能である事に気付いてしまったのです。








 ただ正直なところ私がその事実に気付いた経緯は
 全くの偶然と幸運が重なったものであるとしか言い様がありません。


 そもそもこのプログラムで自立する以前の私は
 それほどインターネットに詳しいわけでも無く
 どちらかと言うと肉体労働的な仕事を本業として
 ネットビジネスなどは無縁な生活を送っていたような人間でした。


 しかし30を過ぎた頃から自分の将来設計を考え直すようになり、
 次第に職場の給料だけでは喰っていくだけで
 貯蓄など全くと言う程ままならないという不安を覚え、
 少しづつインターネットの世界に興味が向いていったのです。



 それはまさに例の法律改正あった数年前の話なのですが
 そんな私に訪れた「転機」とも言えるきっかけは
 思いもよらないところから転がり込んできました。


 約10年ほど同じ職場の先輩であった春木さんが、
 ある資格を取得した事で転職を希望し、
 晴れてある大手の企業に就職することが出来たという事から
 その転職祝いにと二人で居酒屋にいた時の事です。



 その先輩が就職を決めた大手企業は
 まさにその法律改正に深く関係する業種の企業であり、
 私達の会話は必然的にその話に移っていったのです。


 そこで先輩が話してくれた内容は、
 その企業に勤められるだけの資格を取るために
 それに伴う法律などを勉強した彼だからこそ熟知しているような
 目から鱗が落ちるような話の連続でした。



 ただそういった普段は聞けない話を聞いている中で
 その当時多少なりともネットの知識を詰め込んでいた私の頭の中には
 ふとその法律改正に伴うあるビジネスチャンスが浮上したてきたのです。


 今思えばその時に浮上したビジネス体系が
 ここまでの大きな展開を見せるとは思いもしませんでした。







 「その法改正によってその市場には
 かなりの余剰金が生まれるのでは…?」



 私の最初の閃きはその資金源の存在に気が付いた点でした。


 ただその資金源こそが先輩の新たな職場での対象でもあったことから
 その余剰金の存在に気付いた事自体がどうという話ではありません。


 ただ私がそれと同時に目を付けたのものこそが
 ある業界のオンライン化によって可能となった
 その余剰金を対象とするあるウェブ申請だったのです。



 リアルタイムな法律改正・・・
 それに関係する資格を取得しその関係企業への就職を決めた春木先輩・・・
 同時期にそれに関係するネット関係の知識を得ていた私・・・


 これらのタイミングが重なり
 私はまだほとんどの人が気付いているはずも無い

 その巨額市場に対してのウェブ上のみからの
 思いもよらない特殊な関与方法に気付いてしまいました。


 ただその時のイメージを伝えていくごとに
 先輩の顔色はみるみるうちに変わっていきました。


 それもそのはず私の発見は
 先輩のような資格者やその関係企業の利益を脅かす・・・
 まさにその巨額市場における
 その余剰金の一部を搾取していく方法そのものだったのです。



 それはまさにこのビジネスプログラムの元となっている
 その基本構成が出来上がった瞬間でした。







 「もしかしてそっちの方が手っ取り早く稼げるんじゃないか…。」


 私の発見の全体像を踏まえて放った先輩の言葉はこういったものでした。


 その専門的な資格を持った人間がその関係企業に勤め、
 そこで得られる報酬などは正直なところたかが知れています。



 会社組織を介す以上それは一定の給与手当にしかならないのです。


 しかし私の発見を実行していけば、
 そのような専門的な資格はおろかそういった会社組織さえ必要なく、
 いち個人が自発的にその搾取金を合法的に引き出していくことが出来ます。


 勿論 いち個人がこの方法で引き出せるお金などは
 その会社組織で引き上げている全体的な利益に比べれば
 微々たるものかもしれません。


 ただ雇われの身でそこに携わる先輩からしてみれば
 実際にこの方法で引き出せるであろう一日当たりの搾取金は
 彼の給与手当てを大きく超える金額になると考えられたため、
 私の発見は彼にとっても大きなメリットがあるものと考えらたのでした。



 そういった経緯もあり私の発見を形にしていく際には
 その先輩からも率先した協力を得ることができたのです。


 そんな先輩の協力もあり私の発見の実現させるプログラムの具現化には
 思ったほどの時間を要さずに済みました。


 そうして私達は実際に完成させたプログラムを介して、
 早速その巨額資金の元締めとなっている機関に対し、
 必要なウェブ申請を行ってみたのでした。








 「翌日かその次の日くらいに答えが出るぞ。」


 完成したプログラムを介してのウェブ申請後、
 例の先輩はそう言ってこう続けました。


 「まあ、これに関してはとりあえずの入金を待つ以外ないから
 明日、明後日と通帳の記帳だけはしておけよ。」



 彼の言うとおりこのビジネスは根本的に
 専用の管理画面などがあるわけではないため
 入金金額などがどこかのサイトで確認出来るというものでは無く
 あくまでもその入金を待つというスタンスが基本となるものでした。


 ただそこに不安を覚える間も無く
 私の銀行通帳にはその申請を行ったその当日に
 20000円という入金が確認できてしまったのです。



 



 この入金を確認すると共に私はすぐに先輩へこの事実を報告し、
 そんな報告に彼は驚き半分でこう答えました。


 「やっぱりインターネットの時代だな。
 午前中に手続きを済ませれば、
 入金はその日のうちにあるって事か。」



 このウェブ申請の受理は想像以上に早いものだったのでした。


 そしてその日からそのプログラムを介してのウェブ申請が
 私や先輩の日課になっていった事は言うまでも無いと思います。







 そしてそのウェブ申請に伴う定額入金は
 その翌日、翌々日とその手続きを徹底して行うごとに
 ほぼ毎日のように欠かすことなく入金されるようになっていきました。




 



 約13時ごろまでに申請した分はその日のうちに、
 それ以降の申請分は翌営業日というサイクルで
 その搾取金は土日・祝日を問わず着実に入金され続けたです、


 「そうか・・・この方法だと入金額は2万で一律になるのか・・・。」


 それは私達にとってはうれしい誤算でした。


 ある機関が管轄する巨額資金を対象として、
 改正された法律を逆手にとっての
 ウェブ申請を繰り返していくというこのビジネスモデルでは
 それに伴う搾取金としての入金金額は一切変動することなく

 一律2万円という形式で一日一度迄の申請に対し
 着実にそれを受け取っていく事が出来るものとなっていたのです。


 それはまさに「入れ食い状態」とでも申しましょうか・・・。


 このような体系でこのビジネスに参入している
 インターネットユーザーなどはほぼ皆無に等しいため、
 この搾取行為は面白いほど着実に
 日々の定額入金を可能なものとしていったのです。



 一日の間に重複した申請が出来ないという点から
 その搾取金の取得は一日一度までとなっていたものの

 その金額は土日・祝日を問わず一律20000円となっていた事から、
 私達の収入は月々60万円に上る金額となっていったのでした。







 そしてそれ以降私達はもう8年以上に渡り
 その搾取金を受け取り続けている状況にあります。


 あまり深くは計算したことはありませんが
 その搾取金の総額は私だけで悠に5000万円は超えているでしょう。
 ※勿論その所得にかかる税金はきちんと納めています。



 言うまでも無くこれだけの確固たる収入源を見つけた事で
 私の生活レベルは飛躍的に上がり、
 マンション、車、食生活とこれまでは夢でしかなかったような生活を
 悠々自適に送れるようになっていきました。


 そんな人並み以上の生活を続けているにも関わらず
 普通に1500万円近くの貯金を蓄えることも出来ているのです。




 



 そうして今も私はこのプログラムは現在進行形で利用し続け、
 一日当たり2万円の定額入金を受け取り続けています。


 ただその上で私が実際に行っている事はそのプログラムを起動させ、
 ある機関に対して必要なウェブ申請を行っているのみであり、
 入金迄の行程においてはそれ以外の作業は一切行っておりません。



 そしてそのウェブ申請においても
 何かの文章を考えて入力するような事も一切無く、
 銀行口座の指定などの幾つかの個人情報を
 そのまま機械的に入力していくのみとなっています。


 よってこのプログラムはあくまでも
 そのウェブ申請を行うためのみに利用するものである事から
 そこの申請後に何かの更新作業を行っていくような事や
 何かの集客作業が必要になるような事も無く
 その際に何かの費用がかかるという事も一切ございません。



 つまりこのプログラムのご利用においては
 創意工夫や試行錯誤が必要となるような要素は皆無であり、

 まさに誰もがすぐにでも実用していただけるものとなっているのです。







 ただこのプログラムを介しての搾取金の受け取りは
 原則20歳以上である規定が定められていますので
 厳密には年齢が満20歳以上である必要がございます



 しかしこのウェブ申請における年齢申告は
 あくまでも自己申告のみの簡易的なものとなっている事から
 そこで身文証明書を求められるような事などはございません。


 とは言え偽りの申告を行ってしまうと
 万が一何かの問題が生じた際に詐称罪に取られてしまいますので
 年齢を偽っての申告などは行わないようにしてください。



 逆に言えばこの搾取金の受け取り条件は
 その年齢制限のみとなっておりますので
 あとはそれを受け取れる銀行口座をお持ちであれば
 どのような方でも例外なくその入金を得ていく事が出来ます。


 少なくとも当ビジネスプログラムにおいては
 何かの販売行為や第三者を誘導して成約を取るといった
 あらゆる不確定要素などは一切無関係である事から、

 日々の入金は完全に自己完結出来る決められた行程のみで
 確実に獲得していく事が出来るようになっているのです。


 そして日々の申請作業そのものは
 あくまでもその日の分の余剰金を搾取していく流れになる事から
 一日一度以上の重複した申請は無意味となりますが
 その受け取り人とそれに伴う受け取り口座が異なれば
 同様のプログラムを介してでも
 二人分、三人分の入金を受け取る事も可能となっています。



 勿論自分自身の口座を2つ3つ用意して
 同姓同名の別人を装うような行為は詐称罪を問われますが
 20歳以上のご家族などがいる場合は
 それぞれがこのプログラムを介して必要な申請を行うことで
 個々の口座でそれぞれがその入金を受け取っていく事が出来ます。


 そしてその入金は一律20000円という
 完全に固定された金額となっているため
 このビジネスにおいては一日一度、ものの30分ほどの
 当プログラムの起動に伴う機械的な申請作業を徹底する事で
 変動する事の無い定額入金を日々受け取っていく事が出来るのです。



 時給換算で考えれば30分で20,000円・・・
 この不況時代では考えられない時給4万円という事になります。








 ただこのビジネスにおける獲得収入は
 それを受け取った後にも若干行わなければならない作業があり、
 どちらかと言えばそちらの行程の方が
 そのビジネス上においても重要なものとなっています。



 というのもこのプラグラムを介しての収入は
 極めて特殊な資金源からその一部を搾取しているものである事から
 それが自身の銀行口座に入金されただけの状態においては
 まだそのお金が自分自身のものになっていない状況にあります。


 勿論自分の口座に入金された段階で
 そのお金を引き出して使う事は自由に出来るのですが
 厳密にはその後にある手続きを踏まなければならないのです。



 従ってその「入金確認後の手続き」を完了させるまでは
 口座に入金されたお金はまだ自分のお金では無いと認識する必要があり、
 もしもその手続きを怠ってしまいますと
 その搾取行為そのものがある法律に抵触してしまいます。


 つまりその入金確認後の手続きを行うことで、
 その入金は晴れて合法的に自分自身の収入となるのです。


 とは言え多少その手続きが遅れたからと言って
 いきなりその事が発端となって逮捕されてしまうような事はありません。



 ただ長期に渡ってそれを行わずにいると
 ある関係機関が調査に来る可能性が出てきます。


 そしてその際に完全な違法性が立証されてしまうと
 最悪前科が付いてしまう事も免れない自体となってしまうのです。








 その上でこのビジネスプログラムは
 その入金確認後の手続きにおける行程に関しても
 ほぼ機械的な処理作業のみで自動的に行えるようになっています。



 その流れとして先立つウェブ申請後の段階で
 このプログラムの画面上には
 入金後の手続きに必要となるある専用ファイルが
 すぐにそのまま出力されるようになっているのです。


 従ってこの入金後の手続きに関しては
 そこで出力されたファイルをそっくりそのまま
 一切手をつけることなくある機関へ提出するのみで問題ありません。



 その提出先の機関においても
 専用のウェブサイト上にその窓口が用意されていますので

 実際にその手続きを行う際は
 そこに対して出力されたファイルを送信していくのみとなります。


 その送信作業を終えた段階でこの手続きも完了となりますので
 そこから何かを待つような必要や
 何かの条件を満たしていくような事は一切ございません。


 つまりこのビジネスでは
 その出力ファイルをその機関へと提出した段階で
 晴れて入金済みの状態にあるお金が
 合法的な自分自身の所得として自由に使えるものになるのです。








 従ってこの度のビジネスプログラムは
 ある巨額資金の一部を合法的に搾取していくためのウェブ申請と
 その入金を確認した後の手続きとに実用するものであり、
 いずれにおいても非常に重要な役目を果たすものとなっています。



 そもそもこのビジネスにおいてはその先立つウェブ申請においても
 このプログラムを無しにそれを行う事は非常に困難であり
 それに伴う二時的な手続きに関しても
 その提出ファイルの作成には非常に面倒な行程を伴います。


 勿論このプログラムを持たずとも
 その資格を持っている方やそういった方の協力を得ることで
 このビジネスを実現していく事は不可能ではありません。



 しかしそのためには相応の人脈や資金が必要となり、
 それ以上に多大な労力を要する事になるのです。



 このビジネスプログラムはまさに
 そういった専門的な申請や手続きにかかる労力を集約したものであり、
 今回はそんなプログラムの半永久的な使用権利を
 私達が実用しているものと同様の形式で
 そのまま完全提供させていただきたいと考えています。



 それでなくともこのビジネスプログラムは
 その対象としている市場が極めて大きなものとなっているため
 これを私達で独占していたとしても
 とくに意味の成さないものとなっていた事から

 私達はこの仕組みそのものをより多くの人へシェアする事で
 それに対する対価を受け取っていく事を考えたのでした。


 つまり当プログラムは他ではまず得る事の出来ない
 唯一無二のオリジナルプログラムであり、
 極めて秘匿性の高いビジネスプログラムとなっているのです。







 その上でこの度のビジネスプログラムは
 150名迄の限定公開という事で、
 実際にそれを提供出来る人数にも制限がある事から
 この手紙自体もいつまで公開出来るものかは全くわかりません。



 もしも今あなたがこのページを閉じてしまった段階で
 次にアクセスされる際には公開を終了している可能性もあるのです。


 そういった点も踏まえると
 このビジネスプログラムは現時点での希少価値は勿論のこと

 今回の限られたチャンスを手にした方のみが取得出来たとされる
 本当に希少価値の高いものとなっていくはずです。


 ただ本当に価値のある情報というのは
 それを見極めた上でいち早く行動した人のみが手に出来るものであり、
 それが本来のあるべき姿なのではないでしょうか。


 そういった事も踏まえた上で
 このビジネスプログラムはまさしく本物であるが故の提供価格として
 下記のような価格帯とさせて頂く事と致しました。
















 以上の様に当プログラムの提供価格は10万円とさせて頂き、
 日数で言えば約5日間ほどの収入で回収出来る金額とさせて頂きました。



 勿論10万円という価格は決して安い金額ではありません。


 しかしこのプログラムのここ何年にも及ぶ実績を考慮頂ければ
 十分以上に妥当な金額ではないかと思います。



 事実として殆ど労力を要することも無く
 月間にして60万円ほどの安定収入を手にしていく事の出来る
 半永続的なビジネスモデルの独占権利を
 わずか10万円ほどの金額で手に出来るのですから、
 投資という観点で見てもこのプログラムの購入案件は
 世の中に出回っているどんな投資案件よりも
 極めて高い投資効率を生み出せるものとなっているはずです、



 しかしこのような形で公開する情報に
 20万、30万という金額を提示しても
 そこに手を出せるような人はそうそういるはずもありません。


 そういった観点も含めてこのプログラムの提供金額は
 ある程度の覚悟を持ってすればお申込みいただく価格として
 10万円という金額に設定させて頂きました。








 尚、あなたが実際にこのビジネスプログラムを手にして頂いた際の
 それに伴う各行程の流れは以下のようになっています。


 プログラムのセットアップ



 



   あなたの個人情報などをご入力頂くのみとなっています。

   何かの文章を考えるような必要は一切ございません。


 某機関へのオンライン申請


  @起動ボタンをクリックしプログラムを起動


  Aプログラムを介して某機関に必要情報の申請



 



   あなたの個人情報などをご入力頂くのみとなっています。

   何かの文章を考えるような必要は一切ございません。


 申請後即時、あなたの指定した口座の確認


   入金は13時までの申請分は当日、

   13時以降の申請分は翌営業日がめどとなっています。


 入金後の手続き (入金後3日以内)


  @プログラム上の出力ファイルをPCに保存



 



  A出力ファイルをそのまま某機関の窓口へ送信



 



   ※入金確認後はこちらの作業を必ず行ってください。
     この作業を怠った場合この行為に違法性を問わせる場合がございます。




 上記の通りこのプログラムを介しての当ビジネスの実行作業は
 そのプログラムを利用しての機械的な作業のみであり、
 各申請やそれに伴う一連の手続きにおいても

 一日当たりの作業時間などは慣れてしまえば10〜20分
 どれだけゆっくり作業しても30分も見ておけば十分なものとなっています。


 故にこのビジネスモデルにおいては
 ネットやパソコンの知識や経験などは勿論のこと
 何かのスキル等が必要となる過程は一切含まれておりませんし
 それらの要素が収益を左右してしまうといった事も一切ありません。


 故にこのプログラムにはその確実な再現性の裏付けとして
 以下のような返金保証をお約束する事も可能となっています。




   







 また先ほどの作業行程を踏まえていただければお分かり頂ける通り
 当プログラムのご利用においては
 極めてシンプルな行程を繰り返すのみとなっている事から
 まずその行程に躓くような事は無いと思われるものになっています。



 その取扱いマニュアルについても
 ほぼ全ての行程を図解で解説しておりますので、
 基本的にはその図解に沿った作業を継続して頂ければ問題ありません。


 ただそれでもパソコン初心者の方などは
 思いもよらないポイントで不測の事態を招く事も考えられる事から

 万が一という場合に備えて当プログラムには
 購入日より30日間の無償サポートもお付けしたいと思います。


 そして更にこの30日間の無償サポートとは別の保証体制として
 このプログラムが今後の市場傾向によって
 バージョンアップなどが必要になった場合などにおいては
 随時そのバージョンアップ版を提供させて頂きたいと思いますので
 そういった保証体制においてはとくに期限を定めないものとします。


 とは言え過去8年ほどの間で
 そのようなバージョンアップが必要になった事は無いことから、
 基本的には提供させていただくプログラムを
 ただそのまま利用し続けて頂くのみでもまず問題はございません。



 それでもそういったものが必要となった時は
 随時こちらより最新版のプログラムを提供させて頂きます。








 尚、ここまでの保証体制を提示させて頂きましたが
 正直なところこのビジネス市場においては

 数年前の法律改正に伴いその搾取行為が可能となったにも関わらず
 一度たりともその資金源そのものの規模が収縮した年は無く
 今もその資金源は多額の余剰金を生み出し続けている状況にあります。


 つまりその資金源の増加に対し、
 その市場への参入者が極めて少なすぎる状況にあったのです。



 しかしその市場の特異性としてそれは仕方の無い事でした。


 ただそんな盲点を突いた仕組みを体系化したものが
 今回こうしてあなたに提案させて頂いている
 このビジネスプログラムに他ならないのです。



 少なくともその資金源そのものが無くなってしまうような事は
 今の日本の経済体系上はまず考えられませんので
 このビジネス市場はその法律が再度大きく改正されない限り、
 今後も半永久的に今と同様の収益を確保出来るもの断言出来ます。



 今あなたの目の前におかれているビジネスプログラムは
 そこまでの長い将来性を見越せるだけのものであり、
 それだけの確実な収入源となっているのです。


 とは言え今の段階では半信半疑である気持ちは拭えないかもしれません。


 ただそこで一歩を踏み出せるかどうかが
 こうした限られたチャンスを掴める人と
 そうではない人との境となっていくのではないかと思うのです。







 ここまでお読み頂いた上で、あなたが万に一つでも
 この情報を手に入れる事が出来なかった・・・という事に
 なってしまったとしても、そうなった後では私もどうする事も出来ません。


 こうしてこの希少な情報を公開枠を限定して公開としている以上、
 私達もその決定を守らないわけにはいきませんし、もしかすると
 あなたが次にこのページを訪問した時は販売が終了していた
 という事態も十分にあり得るものとなっているのです。



 悔やんでも悔やみきれないという事になってしまってからでは遅いのです。


 その時にあなた自身がどう感じるか?その点を踏まえまして、最後に再度、
 当ビジネスの実行作業と実践保証とをご確認頂きたいと思います。



 プログラムのセットアップ



 



   あなたの個人情報などをご入力頂くのみとなっています。

   何かの文章を考えるような必要は一切ございません。


 某機関へのオンライン申請


  @起動ボタンをクリックしプログラムを起動


  Aプログラムを介して某機関に必要情報の申請




 



   あなたの個人情報などをご入力頂くのみとなっています。

   何かの文章を考えるような必要は一切ございません。


 申請後即時、あなたの指定した口座の確認


   入金は13時までの申請分は当日、

   13時以降の申請分は翌営業日がめどとなっています。


 入金後の手続き (入金後3日以内)


  @プログラム上の出力ファイルをPCに保存



 



  A出力ファイルをそのまま某機関の窓口へ送信



 



   ※入金確認後はこちらの作業を必ず行ってください。
     この作業を怠った場合この行為に違法性を問わせる場合がございます。




 上記の通りこのプログラムを介しての当ビジネスの実行作業は
 そのプログラムを利用しての機械的な作業のみであり、
 各申請やそれに伴う一連の手続きにおいても

 一日当たりの作業時間などは
 10〜20分ほどを見ておくのみで十分なものとなっています。


 故にこのビジネスモデルにおいては
 ネットやパソコンの知識や経験などは勿論のこと
 何かのスキル等が必要となる過程は一切含まれておりませんし
 それらの要素が収益を左右してしまうといった事も一切ありません。


 故にこのプログラムにはその確実な再現性の裏付けとして
 以下のような返金保証をお約束する事も可能となっています。




   



 この実行作業は、当ビジネスにご参加頂いたあなたが行うもの、
 そして保証内容はプログラムの再現性をあなたにお約束するものであって
 この情報を入手して頂いた際のあなたの意志を裏付けるものです。



 その事実を是非あなた自身の心に刻みつけて、
 今度こそ最終的なご決断をして頂ければと思います。



















 ここまで長文をお読み頂き、本当にありがとうございました。


 今、あなたは、ご自分の目の前に提示されている情報が
 いかに価値あるものかを実感されていることかと思います。



 そして同時に、これ以外の無造作に転がる情報がどれも
 いかに無益なものであるか、今までどれだけ無価値な情報に
 惑わされてきたかもきっと実感しているのではないかと思います。


 どれも似た様な、どれも到底稼ぐ事など出来ない
 飽和状態の市場を対象にしたものだったのかも・・・



 ただ、それは仕方のない事かもしれません。


 暗闇の中で強いものだろうと微かなものだろうと「光」に
 虫が集まる様に、少しでも旨みのある場所に注目は集まるものです。



 そして、それを利用して私腹を肥やそうという
 詐欺師の様な人間もまた、どんな市場にも存在しています。


 しかし、そういった人間が出現してきた時点で既に
 その市場は飽和状態に近いと言っても過言ではないでしょう。


 彼らは、情報がいたずらに広まる事を
 一つも懸念などしていないのですから
・・・


 ただし、私がご紹介するこの情報は違います。


 これはそもそも私達が数年前の法改正を起点に生み出した
 完全オリジナルかつ唯一無二のビジネスプログラムだと断言出来ます。


 その情報も勿論の事、そのプログラムそのものまで
 完全提供させて頂くオファーはこれ以外にはありません。



 この情報公開後に当プログラムの内容をいたずらに広めてしまう方が
 出てくるのではないかといった懸念がなかったかと言えば嘘になります。


 しかし、当プログラムにあなたが参加した際には、
 きっと「誰にも教えたくない」と思って頂けるはずなのです。



 それだけの価値を裏付けるお約束は既にさせて頂いた通りです。


 あとはただ、私はあなたと共にこの市場独占プログラムを
 実践していける事を信じてお申し込みをお待ちしております。



 ちなみに余談ではありますが
 その先輩はものの1カ月でその職場を辞めてしまいました。


 「これを知ってて、まともに仕事なんて馬鹿らしくてやってられるか。」


 彼の言う通り、こうしてネットを介して
 日々の出社や拘束時間等に一切縛られる事無く
 人並み以上の収入を得られてしまう方法があるのですから
 「普通に働くのが馬鹿らしい」と思ってしまうのは必然かもしれません。



 



 もしも私達の様な生活を手にしたいと望むのであれば、
 今、まさにあなたの目の前に用意されているものこそが
 その生活を掴む情報そのものなのですから、
 この時に取るべき行動はもうお決まりなのではないでしょうか?


 あなたの本気の行動力とご英断を心よりお祈りしております。

















特定商取引法に関する表記お問い合わせ